施工管理技術者 | いーなかえーるは、岡山県の求人情報をご紹介します

岡山県ではたらく。くらす。いーなかえーる

いーなかえーるとは?

岡山県でくらしているスタッフが、
岡山県の求人情報をご紹介!!
> > 詳しくはこちらから!!

持てる力を結集し次代の暮らしを担う街づくりに挑む。


職種施工管理技術者

企業 株式会社重藤組

半世紀以上もの間、地域密着・超岡山志向の総合建築会社として貢献してきました。
これからの岡山を時代のニーズに合わせた安全で住みやすい都市にしていく仲間を募集しています。
建築又は土木工事の現場で施工管理技術者(現場監督)として品質・安全・工程・原価の管理業務をしていただきます。

重藤組よりご挨拶

重藤組は、昭和37年の創業以来、地元 岡山に拠点をおいて着実な歩みを重ねてきました。
土木・建築分野において、公共施設、地元企業の社屋、病院、ビル、マンションや特別養護老人ホームなど福祉施設、ロードサイドの店舗や大型商業施設など、数多くの施工実績があり、岡山の様々な場所で当社が手がけた生活・経済・文化活動に必要不可欠な建造物を目にすることができます。 また、企業の物流倉庫や、工場、資源エネルギー関連の備蓄基地建設など、高度な施工技術を要求されるプロジェクトにも参加することで新しい技術やノウハウを蓄積し、建設業界で高い実績を上げています。

地域の発展と大規模災害にも負けない安全・安心で強いまちづくりに貢献し、時代のニーズに迅速に対応することで、自然・建物・人間の三位一体の調和を目指し、常に前向きに努力を重ね、新鮮で斬新な発想で妥協せず成長していくことで築き上げた信頼が実を結び、現在では県内のみならず、県外での受注を年々増やし、さらに活躍の場を広げています。
若手社員がさまざまな現場に挑戦できるように、広島支店の拡充や新規分野への進出など、さらなる飛躍を試みています。昨今は、自治体からの耐震工事、増改築や解体の受注も増えています。今後も総合建設業として更なる充実を図っていく方針です。

重藤組の働く魅力とは?

重藤組では、「成長するチャンスがたくさんある」ということ。 若いうちから現場を任せ、徐々に規模の大きい現場を担当する事ができます。 所長として現場を任されると、より俯瞰的に物事を見ることが出来るようになるので、責任ある立場を若いうちから経験出来ることは重要です。 仕事の内容をしっかり評価し、個人の頑張り次第でどんどん成長のステップを踏んでいけるのです。 そんな雰囲気が社員にとってやりやすく、成長に繋がるのだと思います。20代~30代の若い所長も多く、同世代の活躍が励みになりますし、情報交換をしています。

また、現場監督というと男性のイメージが強いと思いますが、年齢、経験、性別関係なく活躍しています。 若手を見守りながら育てていこうという考えが根付いていて、社長や部長も現場を気にかけて、よく現場に足を運び、社員に声をかけています。 大変な現場も多くありますが、一つの現場を経験した達成感が社員の自信と成長につながっています。 これからも日頃の仕事の質を上げ、より確実な仕事が出来るように、そして、今まで経験したことが無い様な大きい仕事も安心して任せてもらえるような技術者が育っていくようにと勧化ています。

施工管理技術者のやりがいは?

新築・改修工事には、少なくとも20業種以上の専門職の方たちが関わります。 打ち合わせだけでもかなりの回数になりますし、着工後の調整、日々の連絡など、常に人とコミュニケーションを取りながら、現場を取りまとめていく力が求められます。 経験が浅いうちは分からないことや戸惑うことも多々あるかもしれませんが、複数の物件を並行して担当することはほとんどなく、基本的には1件の仕事に集中して取り組めるので、じっくり着実に成長していくことができます。 先輩・上司をはじめ周囲のサポートを受けながらも自分の手で一つの物件を完成させたときの達成感はひとしお。 担当する物件の規模に伴って仕事の面白さややりがいも大きくなるので、一つやり終えるごとに目標も高くなり、常にモチベーション高く取り組めます。

この仕事の大変なところは?

「きつい」「汚い」「危険」と言われる建設業界で重藤組の社員に求められているのは体力ではなく、管理能力です。 そういう意味でも働きやすい仕事ですが、責任ある仕事なので当然厳しさもあります。 建築現場で社員が担当するのは、品質・工程・安全・原価の管理です。現場所長を中心に、協力会社の技術者が安全で働きやすい環境を作る事も品質の高いモノづくりを行うための大切な仕事です。

しかし、短い工期の中で品質・工程・安全・原価をすべて納める為には休日出勤が必要になる場合があります。当社では、やむを得ず休日出勤をした日数を工事完了後に振り替えています。 また、社員の心身の健康を配慮し、年間休日は会社カレンダーにより、GW、夏季休暇、年末年始に長期休暇を設け、プライベートの充実を図っています。

重藤組が求める人材

■円滑なコミュニケーションと信頼関係を構築できる方
■多様な人々と共に目標に向けて努力できる方
■失敗を恐れないチャレンジ精神を持つ方
■失敗から学習できる方
■最後までやり抜く責任感を持つ方

向いている人

・新しいことに挑戦したい人
・モノづくりが好きな人
・人と接する事が得意な人
・コツコツと取り組むことが好きな人
・岡山を素敵な住みよい街にしたい人

入社後のイメージ

入社後は、各種の研修に参加していただき、基本的な知識や技術について学んでいただきます。 また、各配属現場におけるOJT教育で、先輩社員について仕事を学んでもらいます。

■新入社員社外研修(13日間)
 外部講習(社会人基礎研修、コンプライアンス研修、ビジネスマナー研修等)
■新入社員社内研修(5日間程度)
 建設業基礎研修、安全管理研修等
■技術研修(社内講師による技術向上研修)
 新入社員:月1回程度
 2年目以降:2~3カ月に1回程度
■社会人研修(不定期)
 マナー研修、リーダー研修、管理職研修 他
■各配属現場におけるOJT教育

先輩の紹介

小林 明弘(こばやし あきひろ)

スポーツ:サッカー
趣味:サイクリング
好きな言葉:一期一会
新しい仲間へメッセージ:やりがいのある職場で楽しく働きましょう。

大森 章正 (おおもり あきまさ)

スポーツ:サッカー
趣味:スポーツ観戦、釣り
好きな言葉:一期一会
新しい仲間へメッセージ:現場では大変なこと、難しいことがありますが建物が徐々に出来上がったり完成すると達成感が味わえる、とてもやりがいがある仕事です。

木村 翔(きむら しょう)

スポーツ:バスケットボール
趣味:旅行
好きな言葉:一生懸命
新しい仲間へメッセージ:自分が施工管理として関わっていた建設工事において、建造物が完成した時の喜びは大きいものです。 非常に長い時間を費やして建築工事を進めていくことになりますが、その分対象の建造物が完成した時の喜びは何にも変えがたいものとなります。

募集要項

募集の背景

半世紀以上もの間、地域密着・超岡山志向の総合建築会社として貢献してきました。これからの岡山を時代のニーズに合わせた安全で住みやすい都市にしていく仲間を募集しています。

主な業務内容

建築又は土木工事の現場で施工管理技術者(現場監督)として品質・安全・工程・原価の管理業務をしていただきます。

対象となる方

・建築・土木系学科を専攻され、四年制大学又は専門学校を卒業された方
※卒業3年以内の既卒・第二新卒者
(長期勤続によるキャリア形成の為)

【必須】普通自動車第一種免許(AT限定不可)

勤務地

岡山県岡山市南区福成3丁目6番22号 株式会社 重藤組 本社

■遠地出張中は宿舎を会社が契約借り上げます。
■工事現場が遠方の場合は、工事期間中の長期出張あり。
 (中四国地方~関西)

勤務時間

8:30~17:30

休日・休暇

休日:年間108日
(日曜、祝日、月2~3回の土曜:会社カレンダーによる)

休暇:GW休暇、盆休暇、年末年始休暇
   有給休暇日数(初年度10日、最高20日)
   看護休暇・介護休暇・慶弔休暇・育児休暇
  (育児休業取得実績あり)

給与

月給30万円~45万円
※年齢、経験、能力、資格などを考慮の上、優遇します。
※待遇条件の詳細については、面接などでご相談ください。

昇給・賞与

昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(7月・12月)

諸手当

■現場手当: 現場配属時に支給(2,000円~)
■宿泊手当: 遠方現場出張時に支給(4万円)
■通勤手当 月15,000円まで
■資格手当
・2級建築士(5,000円)・2級施工管理技士(5,000円)
・1級建築士(2万円)・1級施工管理技士(2万円)
・建設業経理士2級(2,000円)・建設業経理士1級(1万円)

福利厚生

各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生)
確定拠出年金・退職金制度あり(勤続3年以上)
独身寮・社宅あり(月額5,000円~1万5,000円):男女可

応募に当たって(株式会社重藤組)

応募方法 ご応募いただける場合は下記「この求人に申し込む」ボタンを押して応募フォームにその旨を記入し、送信してください。
※お問い合わせは電話またはメールでもお気軽にどうぞ 。
3営業日以内にご連絡いたします

この会社の募集職種

  • 施工管理技術者

    半世紀以上もの間、地域密着・超岡山志向の総合建築会社として貢献してきました。これからの岡山を時代のニーズに合わせた安全で住みやすい都市にしていく仲間を募集しています。

    さらに詳しく見る
ページトップへ
ページトップへ